2017/07«│ 2017/08| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »2017/09
中々思い通りには・・・。
kirakira
--:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Category:スポンサー広告│ コメント:--│ トラックバック :--
kirakira
kirakira
21:12:58
ご報告が遅れましたが
私の黄鷹さん、無事我が家へお迎えしました。
まだまだ、調教の前段階「馴致」ですら
ママならない状態です。

そうそう、お名前も決まりまして
源氏がいるから「源氏物語」
から取ろうかなぁ?とも思ったのですが
源氏物語に出てくる殿方は
彼以外、なんと言うか
平たく言えば 
へたれ
な感じが否めないので・・・。

色々と悩んだ結果
冬の季語から頂いた
「凍凪(いてなぎ)」と名付けました。
全てが凍りつく程寒いのに
風一つ吹かない、早朝のイメージです。
きっとこんな日はいい狩りが出来るに違いないと
願いもこめて。
スポンサーサイト
kirakira
kirakira
17:08:12
~グロい表現あります。
 読みたくない人
 知りたくない人は
 読まない方がいいと思いますよ~

ようやく「獲物」と言う感覚の掴めた源氏に
今度は何かの影から、出てきた鳥を獲らせる
練習をする事に。

段取りとしてはK氏が車の陰で鳥を持ってスタンバイ
私が源氏を据えて10m位まで近づいた所で
鳥を放し、源氏を投げる・・・。
予定だったのですが!
生憎、勢子役(?)のK氏の体調が思わしく無く
鳥に紐をつけ、逃げないよう石にくくり
それから源氏をスタンバイ。
感覚としては
「を!あそこに獲れそうな鳥が動いてる! 
 源氏、行ってみる??」
的な感じだったのですが
鳥が、、、動かない・・・。
源氏といえば、そちらを見ているのいないのか??
と、思いきや
そのまま羽根を割って鳥に向かって行き
見事にゲット!

でも、、なんか不本意だなぁとか思ってしまった。

十分に食べたと判断し、
餌掛けに戻す為に呼んだらば
自分の食べかけの鳥の下半身を
持ったまま、戻って来てくれた。
あ、、ありがたくないけど
「ありがとう」
kirakira
kirakira
17:18:55
お久しぶりの源氏さんですが
今は体重600g前後をキープし
実猟に向けて調教を進めている所です。
ブログがすっかり止まっているので
死んだのでは?とご心配なさった方もいらっしゃるでしょうが
私(また太った)K氏(また太った)
犬の皆さん、鳥の皆さん、全て変わりなしです。

~ここからはちとグロい話しもありです~

実猟とは、決められた場所にいる鳥や獣を獲ると言う事ですから
生き物を捕まえて殺す練習をしなければいけません。
ですので、それ様の生きた鳥を買ってきて
わざと、私の源氏にそれを殺させるのです。

特に源氏は、卵の殻を脱いだその日から
今日に至るまで、人間の手から
既に死んでいる鳥と言うよりは「肉」を食べて生きてきましたので
人間が生きている牛や豚を見たって
ステーキやとんかつを思い出さない様に、
そこにじたばたしている鳥が普段食べている肉だとは
ちっとも思いもよらなかったのでしょう
逃げられないようにもがいている獲物を見ても
私の餌掛けに戻ってくる事ばかりを考えているようで
そちらを「ちら」と見ようともしません。
1回目の「丸嘴」はそれで終了。

2回目は、1回目よりも更に肉色を落とし
申し訳無い程ぺらぺらな状態にして再チャレンジ。
それでもやっぱり私の所へ戻ってくる事しか考えていない源氏でしたが
偶然、目の前を通り過ぎた刹那
がしっとキャッチ。

3回目はようやく、最初から狙ってって感じで
やっとこ野生がちっとは戻った模様。


kirakira
kirakira
20:09:11
オオタカ買っちゃった
kirakira
kirakira
2009
11/02
06:57:39
530g うずら(皮)1羽 sp

中々明るくならないな~と思ったら
そんなにお天気がよくない様子。
そういえば、今週から冷え込むとか言ってたなぁ~と思いつつ
今日は去年飛ばしていた広場へ行く事に。
ここは犬のお散歩メッカでもあるので
早くに行くか、さもなければ10時~14時の間に行くか
どちらかにしないと、先客とカチ合うはめに。
別に悪い事をしているわけじゃないんだけど
他の利用者(犬連れでなくても)がいると遠慮してしまう。

広場での渡りは何の問題も無く終了。
投げて、着地点を確認した後
振り返らず、100m程離れ
そのまま腕出を伸ばし、笛。
というのを何度かやっていたのだけど
何回か目で戻ってきた源氏が
足になにかを掴んでいたので
「げっ!何か(鳥の死体とか?)拾ってきた??」
とあせったら、枯葉の塊をお持ち帰りしただけだった。
咄嗟とは言え
「獲った」とは思わず、「拾った」と思ったのに
ちょっと笑えてしまう。
いずれは狩りをするのだけど
まだまだ、現実感が薄いのねw

小雨がパラついてきたので早めに撤収。
kirakira
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。